ゼミ紹介

(更新2021年 3月)

ゼミの概要

本ゼミでは数学、統計、計算機、機械学習に纏わる各種トピックの他、それらを用いたデータ解析、現象モデリングに取り組みます。近年は、統計学、機械学習、AIを用いたデータ分析、予測に力を入れています。分析対象に関しては、相談しながら各ゼミ生が興味に応じて決めることを推奨しています。 「(なぜか定着しまっているような)お作法」にとらわれずに、数学、統計学に基づいた新たな視点で複雑現象を解明したい学生を歓迎します。 力学系(微分方程式・写像)、経済変動・金融など複雑現象の数理モデリング、機械学習を用いた時系列予測、複雑現象に関するデータ解析・統計解析、複雑現象の制御、計算機を用いた数値計算などに興味がある学生に適しています。 複雑現象を解析するための数理的な道具、例えばフーリエ解析、ウェーブレット解析、ネットワーク理論、機械学習、グラフ理論、カオス、フラクタル等に興味がある学生も歓迎です。サブゼミとして履修し、主ゼミの研究で利用したい数理的な道具を身につけたり、新しい道具を開発することも歓迎です。 ゼミの詳細を知りたい方は時期を問わず気軽に相談してください。

ゼミの記録

(2021年度)

学部4年:4名

院:2名 インフォーマル(学部):数名 (2020年度)

学部4年:5名

学部3年:6名 インフォーマル(学部): インフォーマル(院): (2019年度)

博士課程3年:1名 (RA)

学部4年:10名 学部3年:1名 (2018年度)[在外研究]

博士課程3年:1名 (RA)

(2017年度)[在外研究]

博士課程2年:1名 (RA)

(2016年度)

博士課程1年:1名 (RA)

(2015年度)

学部4年:2名

(2014年度)

学部3年:1名

(2013年度)

修士2年:1名 (informal)

学部4年:2名 (informal) (2012年度)

修士2年:1名

修士1年:1名 学部4年:3名 (2011年度)

修士1年:1名

学部4年:2名

卒業したゼミ生の主な進路:

統計データ分析, 機械学習など数理的な素養を身につけることにより, いわゆる文科系の就職の他に技術系の就職や理系大学院への進学実績もあります.

ホームへback